home
奥丹波みたけ牛 谷牧場 お客様の声 卸の相談
焼肉 ステーキ すき焼き しゃぶしゃぶ その他の牛肉 豚肉 鶏肉
 
社長の経歴 谷ママに相談して決める 会社概要  
 
   
次のページ
平成20年1月11日(金)雨

あけましておめでとうございます。
昨年は大変御ひいきにしていただきありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
年末には雪起こしの寒さ厳しい中、お並び頂くなどご迷惑をおかけし
大変申し訳ありませんでした。
 
ママの年明け第一号報告。
2週間ぶりの休みで「温泉、温泉!マッサージ!」と喜び勇んで行ってきた。
と言っても、小牧市のスパガーラというスパ施設。
結構ここがお気に入りで気分的にもゆっくり出来る。
「年末、頑張ったから・・・ご褒美!」とふんぱつして
アロマオイルマッサージを90分受けた。(^^)
あ〜最高!!極楽 極楽!
温泉入って、ビール飲んで、好きなとき寝て、マッサージ!!
ほんまに最高の贅沢だ。幸せ〜
 
 翌日、大阪の今宮戎へ商売繁盛のお参りに行った。
「商売繁盛〜笹もって来い!」で有名な神社だ。
ここだけは、ここ数年必ずお参りする。
綺麗な福娘のお姉さんが笑顔で笹をくれる。
今年もまた100円玉のお賽銭を投げ、
「来年こそはお札のお賽銭で・・・ごめんなさい。そして繁盛をよろしく」
と手を合わす。
後でパパに「お賽銭いくらした?」とたずねると
「1円、10円・・・かな?!」
・・・神様もこれではちょっとねえ、後回し!って言いたくなるよなあ。
 気を取り直して、初めておみくじ引いた。
パパが小吉でママが凶・・・う〜ん!逆境に強いママパワーで跳ね返すぞ!!
仕事運・・・「調子に乗っていると後から必ず痛い目にあう」だって!
え?!パパもまったく同じことが書いてある・・・
実は、会社で事業計画してることがあって今月にはGOかNOの返事をしなくちゃいけない話がある。
そのことを暗示しているのだろうか・・・
そのほかにも気持ち的に心当たりがあるから、引き締めなさいっていうことかなあ・・
ともあれ、今一度じっくり練り直す機会ができた。
 
 翌日(3連休もらった)、良い天気だったので久しぶりにバイクに乗ることにした。
片道2時間の温泉目指してツーリング。
峠、街中など一通り走る内容だった。
が、どうしてもスピードが出せない・・・60k以下だ。
3速止まりで4速が入らない。私の大きな課題だ。
 途中いつものハプニングが〜
坂道の一旦停止で止まったのはいいけど、坂道発進が出来ない!!
アメリカンだからブレーキペダルが遠くて思いっきり踏み込むことができない。
右手のブレーキを離すとバイクがバックして下がってしまう。
後ろに車がついて止まってる・・両手を離すことが出来ず、頭をペコペコして
ヘルメットの中から「先に行ってください!先に行ってくださ〜い!」と叫ぶ。
4台ほど抜かして行った・・・ママは完璧にパニックだ。
「なんで出来ない?どうしたらいい?」その場から動けない。
先に行ってたパパがやっとバックしてきてくれた。
「なにしとん?ついて来ないからや」と言うだけで助けてくれない。
心の底からムカついたママは「頼りに出来ない」と悟った。
すると!どうしたのだろう・・・
「ムカつく!!」と怒りながらアクセルを回すと坂道発進成功!!
自分とバイクだけを信じて走ろうっと。

早々にバイクショップにブレーキペダルの大きいものに換えてもらうように電話した。
一つ一つクリアしていこう。
今日は全身筋肉痛・・・先日せっかくマッサージしてもらったのに・・・
また行かなくっちゃね!! 
12月22日(土)雨
 
だんだんと年末モードになってきた。
年末予約注文を受けたり、年末の弁当や夜食の手配、
銀行が休みに入るので支払いの手続きや何やかや・・・
私はパニックになってきたのに、お店の子達は「なんだかワクワクしてエキサイトしてきた〜!」と
張り切ってくれている。ありがたいです・・・
 
年末28日から店は交替で24時間体制になる。
特にパパや私なんて「最後にお風呂に入ったのいつだったけ?」とか
気がつけば歯磨きしていない!!なんて事も・・・きたない裏事情(^^)
これは経験だけど・・2晩徹夜はまだ元気だったけど3晩目はさすがに眠く、
4晩目からハイテンションになって笑いが止まらなくなった。自分では普通のつもりでも、
まったくロレツが回らないしゃべりになって何言ってるかわからなかったそうだ。
立ったまま眠っていたそうだ。
後で医学書を読むと、4日間眠らずハイテンションなるのは、脳が浮腫状態で危険だったみたい。
 
そうだ!ここで息子達に謝っておこう・・・
28日あたりに長男や次男が帰省してくるらしいけど、
「温かいおふくろの味」ではなく年末一杯はお弁当生活だけどごめんね。
これも運命だと思ってください・・・
それと、帰ってくるなり仕事が待ってるから頑張ってください。
 
そんな中・・・またまたバイクの話。
実はママは〜ママは〜
大型免許取得の後、ハーレーをGETしちゃいました!
だって〜我慢できなかったんだもん!!
今年なら150回ローンOKだし〜
乗り心地は最高!!でも一回こけた・・・凹んでます(TT)
早くお友達の、35歳主婦さんたちとツーリング行きたいよ〜
なぜか、パパもお揃いの色でウルトラが・・・もう病気だ! これがママのヘリテイジクラッシック。ただ今カスタム中。
11月24日(土)晴れ
 
最初に・・
合格しました〜!!

実は昨日2回目の検定にも落ちてた・・・
さすがにショックが大きくて日記もかけなかった。
パパも見に来てて補習までの時間、泣いてるママを励ましてくれてた。
今回のミスはS字でパイロンにひっかけちゃった・・
練習の時は一度もしたことないミスだけにくやしかった。
検定に向かう時、他を教習中のメガホン先生がアイコンタクトで
「頑張れ!」と言ってくれてるように感じただけに悲しかった。
「先生すみません・・まだ居ます・・」と言うと
「うんうん。まあゆっくりして行けやともいえないしなあ。
明日の検定朝早いから早く寝ろよな。頑張れよ」と励ましてくれた。
他の先生方も「谷さん、ガッツ!」と励ましてくれた。
 
補習の時のバイクがやけに重たく感じたなあ。
 
教習がトントンに進んだので、自分の中で過信してたとこがあったと思う。
本日の検定は合否よりも先生の言葉を思い出しながら
一つ一つ丁寧に課題をやろうと決めた。
若い男の子も大型検定。中型から続けて教習しているようだけどかなり緊張してる。
先生が「順番どっちからでもいいよ」と言うので「私はどっちでもいいよ」と言ってあげる。
私が最初に走ることとなった。
先生方が外に出てきて見ててくれてる・・・なんだか恥ずかしいよ。
「丁寧に・・」とブツブツ言いながら走る。
スラロームの時「完璧なライン!うまい!」と独り言。
なんだか気持ちに余裕が出てきて楽しく走れた。
最後にバイクを駐車した時「ニュートラルに入れて・・・エンジン切る」と口では言ってるのに
手が・・手が!いきなりエンジン切ってしまった。
でもまあ、落ち着いてもう一度エンジンかけてニュートラルに入れて切った。
検定塔に上がって行き「間違えちゃいました〜」と言うと
「そうだった?」と先生。目をつむってくれたのかなあ・・・
「谷さん、一本橋メチャ早かったよ〜8秒台やし!低速が大事だからね。
これからが自分のバイクに合った走りをしないといけないんだから頑張ってよ!合格!」
もう、嬉しかったなあ。
受付に「合格しました」と言いに行くと、教えてもらった事のない先生からもみんなから
「良かった良かった!」と言ってもらった。
 
すぐパパに連絡。喜んでくれた。
最初からの目標が「結婚記念日(25日)までに卒業してWお祝いする」だったので超嬉しい!!
1時間かかる道のりもスケーターワルツのような気分だった。
帰るとパパが、以前から行きたかったお店を予約していてくれた。
「22回目の結婚記念日おめでとう。免許おめでとう。」と乾杯。
「パパ今までありがとう。これからもよろしくお願いします」と滅多にないことを言ったもんだから、
「こ、こ、こちらこそよろしく」と言いながら熱いお茶をひっくり返したパパ。
大笑いしながら、よく飲んでよく食べて・・・他のお客さんとも仲良くなって楽しかった。
・・・気が付けば、さむ〜い車の中でほかされて寝てた・・・
う〜これが現実だ!
 
教習12時間86100円+延長1時間5250円+補習2時間10500円+検定料6300円×3回=120750円也
11月22日(木)雨

卒業検定

ほんまに落ちてしまった〜!!

言い訳するようだけど、ほんまに雨風、アラレがすごかったんだって!
うんで、一本橋を落ちてしまった・・・(TT)
今日はレディースデイだったようで、女性ばかりの検定。
一人目・・3回目の中型卒検らしい。合格。
二人目・・中型。スタートしてすぐクランクでパイロンを何本か倒し先生に助けてもらう。中止。
三人目・・35歳主婦さんで大型。一本橋で後輪が脱輪して中止。
四人目・・谷ママで大型。一本橋で脱輪して中止。

35歳主婦さんと仲良く大笑い。揃って5250円払って補習を受ける。
ママは一本橋が出来なくなっちゃったよ・・・どうしよう・・・
検定料6300円もかかるし、家計に痛い・・・
パパいわく
「あんまり今日なぐさめたら、明日のなぐさめる言葉がなくなるからもう言わない。
 明日の方が落ち込みは大きいだろうしなあ。何て言おう・・・」だって!!
フン失礼でしょう!!

明日の卒業検定こそ頑張るぞ!!
11月21日(水)雨
 
11時間目
 
少々雨・・・今回よく雨に降られるなあ。
今日もメガホン先生について一通りスラロームや1本橋の練習してから、
検定に向けてコースの練習ばかり。
今日はなんだか調子がいいぞ!
「1本橋も12秒でOKだし波状路もあれでよいなあ。走りもコンパクトに走れてるしOK」
と先生に言われニコニコ。
なんだか教習車のゼファー750とは相性がいい感じ。「これ欲しい・・・」と秘かに思ってる。
 
12時間目
 
雨がだんだんと本降りになってきた。
若いおもしろい先生と交替。
続いてコースの練習。
「確認は、ヘルメットを動かしてます!って感じでオーバーアクションでね。
減点されたらつまらないからね。谷さん、大型は初めて見せてもらったけど
出来てるよ〜これなら大丈夫!」
今日、検定だったら良かったのになあ〜
 
13時間目(延長)
 
以前より「1時間延長しようか」と言われてたので、5250円払って延長券を買う。
まあ、年齢を考えるとここまでトントン拍子に来た方が不思議だ。
仲良くなった35歳主婦さんも「今日2時間延長なの・・・」と言っていた。
昼休憩を挟んだとはいえ3時間も乗るのはちょっときつい・・・
クラッチ握る手が痛い。
でもそんな事よりも、雨がどしゃぶり・・・ウソ・・・って言うぐらい。
メガホン先生が復活して「最悪やなあ!よっしゃ行こうか!」
い・・い・・稲妻が!!キャーすごい雷!!アラレが降ってきた〜!寒い!
もうヤケクソでコースの練習した。急制動の怖いこと・・怖いこと・・40k出せないよ。
転倒しなかっただけでも良かったよ。
髪も靴もずぶぬれ・・・顔なんかマスカラ落ちてパンダ顔のドロドロで眉毛がなくなってる〜
先生・・・43才にしてこの努力認めてください・・・
 
てなわけでいよいよ明日卒業検定!!
天気予報では明日も雨。あきらめよう・・
落ちたら雨のせいにしよう。
11月17日(土)晴れ

9時間目

一日休んだおかげか、パワー全快!って感じ。
木曜のブルーな気分は何だったの?って感じ。

てなわけで、本日もメガホン先生。
よほど目をつけられてる?orかわいがられてる?
卒業検定に向けてコースを走る練習。
一周目なんてパイロンにつっこむし、一本橋は落ちるし〜
こんなんで大丈夫かいな。
何故か、変形したパイロンやらの修理をしてるメガホン先生。
オイオイ・・・見て欲しいんですけど・・
と油断してると、修理中のパイロン片手に
「最後までステップ踏む!最後まで気を抜かない!」と。
ちゃんと見られてました。やはり恐るべし・・・

10時間目

シュミレーション教習。
同じ大型二輪を頑張ってる35歳の主婦さんと一緒。
ゲームセンターにあるような走ってるつもりバイクにまたがって、危険予測しながら画面上を走行。
酔って気分悪くなる人もいるそうだけどママは面白いばっかり。
主婦が二人もいればキャピキャピ?!とうるさい。
若い先生・・「早くこの教室から出て行きたい・・」と思ったことだろう。

教習が終わっても主婦お得意の「立ち話」に花が咲く。
先生達から「まだしゃべってるんかいな〜ごゆっくりね」と何度となく言われる。
30分や1時間なんて普通です・・・

日月火曜日はお休みで水曜に最後乗って木曜日に検定予定。
お友達の主婦さんも一緒です。
出来れば一緒に卒業したいなあ〜
11月15日(木)晴れのち曇り

7時間目

朝からなんとなくテンションの低いママ。
風邪のせいかな。
今日は二日目の若い先生だ・・・
「じゃあ、今日はコースを走りましょう」って事でコースを走る。
紙の上では覚えたつもりが、実際走ってみると覚えていない。
あせってくると右左の確認を怠ったり、合図が遅れたり・・・
スラロームでパイロンをバンバン倒すし・・・
ますます凹むしイライラする。
先生の「スラロームのときリアブレーキ使っていいからね」と言う言葉に
「昨日のメガホン先生に使うな!!と怒られました!」と反論。
「そうかあ〜バランス崩れそうになったら使っていいんだけどなあ」
さらに
「谷さん、ギア落とす時にかかとを浮かしてつま先でやってるでしょう。
足はステップに置いたままカチャカチャと踏んでね」と言う言葉に
「昨日、メガホン先生にそれをするとギアが入りにくいから、かかとをあげてつま先で踏めと言われました!」
と、またまた反論。
困った顔をする先生は「どっちしていいかわからないねえ・・・」。
先生、ごめんなさい・・・自分がヘタなのを棚にあげて八つ当たりしてしまいました・・・

8時間目

続いてコースの練習。
「谷さん、アクセルを目一杯開いたことあるか?どれだけ回したらどれだけのスピード出るか知ってるか?」
「アクセル全開?やったことありません」
「では直進を3速で全開してみて」
・・・・・・もう死ぬかと思った。ほんまに思った。
短い直線距離なのにメーターは60k。カーブの手前でポンピングブレーキ。
「ギャー怖い〜!」と叫んだよ。自動車とは違ってものすごいスピード感。

雨が降って来た。
なのに先生は「危険回避しようか」。
右手に赤い旗、左手に白い旗を持ってる先生が、赤い旗を揚げたら先生の左に回避で白い旗を揚げたら右に回避。
「先生ヤバイと思ったら逃げてくださいよ!」
「若いし逃げるのは早いから大丈夫!じゃあ40kで突っ込んできて!」
1回目。
サッと赤い旗が揚がったので先生の左に突っ込んで(回避して)止まった。
2回目。
次は白い旗が揚がるだろうな・・・と思い込んでた私。
あれ?旗が揚がるのが遅い!どっち?
ピクリと先生の右手(赤い旗)が動いたので左に向かったら、先生が旗を持ち替えて白い旗を揚げた。
「しまった!!反対の右だ!!」と思った瞬間、車体がいうことをきかない!
手がブレーキにかかったけど、急ブレーキかけたらまずい!!と植え込みの縁石に突っ込んで何とか止まった。
もう心臓がバッコンバッコン!!バイクは急に止まれないとはこの事か・・・と思った。
先生も走ってきて「大丈夫か?しまった〜!大転倒やと思ったわ!俺どうしようかと思ったわ。」と先生もかなりあせったらしい。
瞬時の危険予測のために、わざと遅く旗揚げしたり、旗の左右を変えたりしたそうだ。
「先生・・・こんな怖い思いしたのは初めてです。良い経験させてもらいました。ありがとう」と思わず言った。

教習が終わると先生が「谷さん明日はコースが使えないからお休みしてね。土曜に2時間乗って、月曜火曜は休み希望だったから
水曜に最後を乗って木曜に検定しよう」って言われた。
嬉しさ半分・・・不安半分・・・
今日も目だったミスもなかったのに何故か気分はブルー。
パパに色々と思ってることを聞いてもらう。
「月曜欲しいハーレー見に行くか?」と言ってくれたけど「待って」と言うママ。
ちょっと疲れてるのかな・・・教習から帰ると何も手に付かず昏々と眠った。
11月14日(水)晴れ

5時間目

とってもいい天気。
でも私は胃腸風邪らしく最悪のコンデション・・・(TT)

「一通りやってみよう」とメガホン先生。
一本橋に波状路・・・
どうも先生は気に入らないらしく何回も何回もやり直させられる。
「立つのが遅い!」「中途半端に立つな!」「リアブレーキを使え!」とか怒られる。
ヒエ〜やっぱり怖いよ〜
だんだんパニくってきた・・・
ちょっとバランス崩した時「クラッチ切って!」と言われたのにクラッチをパッと離してつないでしまった。
案の定、バイクは大きく傾いた。頑張って右足で支えたけどこれ以上は無理・・
足を痛めると判断し「すみませ〜ん!倒します〜」と転倒した。
すぐさま「クラッチを切る・つなぐがとっさにわからんでどうする!!握るや離すという言葉はない!!」
と怒られた。あ〜あ

スラロームも「ブレーキ使うな!ステップの体重移動してアクセルをブン!」て言われる。
でも、昨日の先生はリアブレーキでバランスとれ・・・って言ったもん。
言い返そうかと思ったけどやめた。
なぜなら、このメガホン先生・・・クランクを片手メガホン持って後ろの私に指示しながら片手運転する。
「はあ?!」って感じだ。
素直に聞くことにした。みきわめ所じゃないな・・・

6時間目

「急制動の練習しようか」
あれ?急制動は2段階の課題だったはず・・・
急制動は私の好きな課題なので言われるようにできた。
メガホン先生も「グ〜!グ〜!いいよ!」の連発。
気に入っていただけたようでとっても優しかったよ。
「一生、このメガホン先生の事は忘れないだろうな・・・」とつぶやく。
「じゃあ、1コースを走ってみよう」
合図の出し方や確認の仕方を教わる。
覚えられるかな・・・
「谷さん、明日からゼッケンは青をつけてね」

やった〜!!合格だよ。
ストレートでいったのでなんだか「ほんとにいいの?」って感じ。
あと6時間・・・頑張ろう!
11月13日(火)晴れのち曇り

3時間目

夕べから熱っぽい・・・風邪?知恵熱?
お構いなしに教習開始。
「昨日の続きで一本橋、波状路、クランク、s字をいってみようか」と先生。
「はい」と言ったものの、バイクが昨日と様子が違う。(昨日のバイクとは違うバイク)
ガッコン!バッコン!ガッコン!とまるで暴れ馬のようにノック?する。
なんじゃ〜こりゃ!って感じで走れない。
「先生!これなんか変です!このバイク嫌です!交換してください!」と訴えた。
普通は我慢して乗るべきかもしれないけど、これで失敗ばかりして凹むのは嫌だったから・・・
「カワサキは癖がつきやすいからねえ・・・じゃあ、僕のと交換しよう」
「ラッキー!これこれ!この20号車!」

今日も大きなミスはなくすすむ。
「じゃあスラロームね」・・・・一番苦手・・・怖い
でもね、うまくいったよ(^^)
やっぱり中型の時、泣きながら頑張った甲斐があった。
「谷さん、まだバイクを倒して走るのを怖がってハンドル切って走っているから練習しましょう」
と言う事で、道路をジグザク走行したり中央線の波線を縫うように走ったり、クルクルと円を描いて走ったり。
目が回って全然違う方向へフラフラ・・・大笑い。
バイクって何で見る方へ自然と行くんだろう・・・これが「一体となる」と言うことなのかな。

 
4時間目

先生が変わってオートマチックの教習。
「どれ乗る?」スズキの650CCかホンダの400CCかヤマハの400CCか。
ホンダを選んだ。
「クランクやってみる?」
「嫌です。」と即答。
「じゃあS字は?」
「嫌です」と即答。
「じゃあ、坂道発進や一本橋、スラローム、波状路は?」
「やってみます」・・・わがままな生徒である。
乗車しようとサイドスタンドを払う・・・あれ?あれ?
内またぎっていうのかな・・・外側へ足を広げて乗るんではなくてお上品に内側から足をまわして乗るの。
足が上がらない!!右手でズボン(足)を引っ張って上げたいんだけど左手だけではバイクを支えきれない。
「せんせい〜駄目です!乗れません!」
「じゃあ特別に・・・乗車してからスタンドを払ってみて」
(教習所では本来ダメ。スタンドをはずしてから乗車)
スラロームが結構難しい。
「谷さん、怪我だけはしないでね〜無理しなくていいから〜」とお優しい言葉。
パイロンに接触はあったもののなんとか出来た。
先生でさえパイロン接触だから仕方ないよね。(フフフ*目撃した私)
コースを走ってみたり指示器の出すタイミングを教わる。
「コースを覚えてね」ということで無事終了。

一段階は5時間だから明日あたり見きわめなのかな?
あ〜考えたらあかん!!
それに明日はあのメガホンの○○先生だし・・・緊張。
一つ一つ丁寧に頑張ろう。
全身が痛い・・・筋肉痛に効く薬を昨日から服用。ちょっと楽になる。
11月12日(月)雨・・雨

本日から大型バイクの教習。
晴れていたので「良かった〜」と思ったのもつかの間。
教習所まで車で1時間の間にどしゃぶりの雨に突入。
「最悪・・・これはやめておけという事か?!」

「谷さんやん!」「やっぱり谷さんだったか〜」と先生方から声をかけてもらう。
なんだか古株みたいだなあ
金髪の若いお兄さん(車の教習生)たちから
・・あのオバサンは何者?・・・という目で見られる。はずかしいやんか

先生は誰かな?
ホッホッホッホ〜しょっぱなから○○先生だよ!!
出来るなら避けて通りたかった道だった〜怖い〜怒られる〜

1時間目

「中型乗ってた?」
「いいえ・・」
 「まったく?」
「はい。まったく」
「・・・・」
「ではウオーミングアップ行きましょか」
チェンジうまく出来るかな?忘れていないかな?一杯一杯考えてしまう。
さすが大型・・・
先生もいちいち「ローにいれて〜二速〜三速〜」なんてもう指示してくれない。
外周をくるくるまわって、リヤブレーキだけで停止。フロントブレーキだけで停止など練習。
超低速走行でくるくるまわって一本橋に入る。
改修工事された一本橋は鉄板になっていた。ピカピカだ・・・
「先生、以前より高くなりました?」と質問。「一緒一緒」と笑われる。
「天敵の一本橋よ、久しぶり」とつぶやく。
それがね!!出来るんです!!面白いぐらいに出来るんです!
タイムも時々早くなるけど11秒ぐらい(合格は10秒以上)
雨がひどくなってきた。なんと!雷が鳴ったかと思うと
バラバラバラバラ〜とヒョウやアラレが降ってきた。
「痛い〜顔に当たる〜化粧が落ちる〜」と叫びながらアクセルをまわす。

2時間目

Uターンの練習、八の字の練習。
なんとか先生について行こうと必死!
「目線はパイロン見てよ〜目を離したらあかんで〜」
先生が笑って笑ってする・・・私相当必死の形相でパイロンをにらんでたんだと思う。
(あとで鏡見るとへんなとこにシワが出来てたもん)
クランクにS字カーブ。
これも転倒することなくうまくできたよ。楽しいな。
そして波状路。中型バイクではやらないので初めて。
デコボコの段があるところをバイクの上で中腰(半分立って)で運転する。
先生の見本をみる。思わず拍手!
次私の番だ。「いいよ〜立ち姿勢はそれでいいよ〜」
めっちゃおもしろい!!
「先生おもしろいですね!これ好き!!」と思わず言ってしまった・・・

あっという間に過ぎた時間だったし、雨が降ってたことも忘れた時間だった。
中型免許をとってからバイクに乗っていなかったけど、体が覚えていて違和感なくできた。
やっぱり大型目指すなら続けて教習するべきだと思う。
それと、中型と大型の違いがまったくわからなかったから「大型」と意識することなく
出来たのが良かったんだと思う。
ともあれ本日は転倒なく無事終了。あと10時間・・・全身がめちゃくちゃ痛い(TT)
11月8日(木)晴れ
 
本日入学手続きに中型免許とった自動車学校へ行ってきた。
先生方から「は〜い!いらっしゃ〜い!」と
暖かく向かえられホッとする。
「前回卒業してからバイク乗っていないんですけど・・」と私の念押し。
「おっと〜!でも、そこが教官たちの腕の見せ所!大丈夫!!たぶん・・・」
笑いでごまかす先生・・・(私は見逃さなかったよ)
「○○先生、12時間で卒業できるようにみっちり教えてあげてよ〜」
「そうやなあ〜」
その声は・・・まさか?!振り返るとメガホン持っていきなり怒られた先生だよ(TT)
「私・・以前、先生に叱られてトラウマになっている生徒です・・・」と訴えるとみんなに爆笑された。
 
あ!△△先生だ!
「先生、二度と来る事はないと思ったけどまたお世話になります!中型の卒検の時、
先生に合格いただいた生徒です」
「僕だった?」
「はい!忘れません!あの日は先生が神様に思えましたから!」・・・爆笑された。
 
「はい、申込書に印鑑押しましたね〜もうやめれませんよ〜フフフ
では事前審査しましょうね。ではリクエストに答えて○○先生お願いしますよ〜」
・・・・しょっぱなから怖い先生だよ・・・事前審査って?!心の準備が・・・
 
大型バイクを倒す先生。引き起こしだよ。
「じゃあね、どんなやり方でもいいから起こしてみてね」
んんんんん〜!!びくともしない。何回やっても動かない。
○○先生が超やさしく「どうしようね〜頑張れ〜どうしようどうしよう〜」。
私はその優しさにはだまされないぞ!と思いつつ頑張る。息切れがすごい。
見かねた△△先生が「ここを持ってやってごらん」とアドバイス。
やっぱり神様だった!!起きたのだ!すっと起きた。
そこには「おんどりゃ〜!!なめんなよ!」とバイクに向かってヤンキーになってるママがいた。
 
「ではバイクを押して八の字に歩いてみて」
これはすんなりクリア。
「では乗ってみて。足つき見るから」
ハハハハ〜底厚ブーツだもんね!!昨日買ったもんね!!足つきいいもんね!楽勝
それに、教習車みてもビビらないように毎日パパのハーレーにまたがって
「このハーレーより小さい・・小さい・・小さい・・・」と暗示をかけてきた甲斐あって
「わ〜タンク小さい〜なんかバイク小さいぞ」と思えたよ。
 
本日はこれでお終い。
あれ?!なんかおかしいぞ・・・足と腕がブルブルと震えてきたよ。
筋肉痛の前兆だよ。情けない。
パパが「今夜はマッサージさせられるなあ・・」と先生にぼやく。
ともあれ、月曜から教習。とっても楽しみ。
また思いっきり青春するぞ!
 
問題が!!!
コースが1年間の間に大改修されてて、クランクや八の字があんなところに変わってる!!
せっかく慣れ覚えていたコースがまた1からだ・・・覚えれないよ
帰り際「これあげる」と先生から手渡されたのは
卒業検定に使用するコース表だった。1コースと2コース表。
年長者にとてもやさしい学校だ。
11月4日(日)晴れ

急に寒くなってきた。
ママの身なりもいきなり冬バージョン・・・
ババシャツにタイツは放せない!!

ママはとんでもない決心をした!!
これほどムチ打つ事が好きだったのかと我ながら、
感心するやらあきれるやら・・・

大型バイクに挑戦!!

「二度と来る事はない。」と捨てせりふを残して
1年前中型バイクを卒業した教習所へ行くことにした。
(まだ申し込んでいないけど・・)
中国地方の教習所に合宿教習(教習料金+宿泊料金保証で格安である)
について問い合わせをすると
「失礼ですけど年齢は?」と言われるので
「43歳です」と答えると
「あ〜43歳・・25歳以上ですと規定の時間を越えると宿泊費と補習料金が
 発生しますので高額になりますけどご承知置きください」と言われた。
そんなんわかっとるわい!ストレートでいけるわけないやん!
合宿だと安上がりで、家族に甘える事出来ないのでいいかな・・と思ったけど
やっぱり峰山自動車学校にお願いしよう・・・

「中型で十分やん!それで満足しときなさい」と先生は思うだろうな。
もし言われたら
「私をお給料の一部にしてください!」と言おう・・・
「ヘタやな〜!ほんまに中型免許持ってるの?」と先生は思うだろうな。
もし言われたら
「先生に合格していただきました」と言おう・・・
口だけは準備万端である。

1年前の9月に中型免許をとってからミッション車は乗っていないから
かなり不安。それに1台目のバイクも挫折して売却したし。
ではなぜ、性懲りもなくバイク?それも大型?
やっぱりハーレーが乗りたい!!乗れなくて飾っててもいいから自分のハーレーが欲しい。
パパも長男も次男もハーレーだし、三男もいずれハーレー。
それならママもハーレー!一緒に並んで走って、一杯楽しい会話がしたい!
という思いのみ。
とりあえず、頑張ってみよう。また泣いて泣いて登校拒否になるかもしれないけど、
やれるだけやってみよう。

・・・「お宅の教習所のクランクとか8の字の道幅は都会の教習所より広いですか?」と、
北海道の田舎の教習所へ問い合わせをしたママ。
だって〜北海道はなんでも広いと思ったんだもん!!
もちろん「さあ・・・法規通りですのでどこも一緒だと思いますけど・・・」と言われた。
往生際の悪いママは真剣、北海道でも合宿行くつもりだった・・・。
9月14日(金)晴れ
 
人間ドックのPETにて「大腸癌の疑いあり」
ということで、大腸検査を受けてきた。
5日間の間に色々と考えた。
今はインターネットにて色々な情報を見ることが出来るので
調べれば調べるほど落ち込む。
反面、家のことや会社のことを冷静に考える。
・・・・苦痛もなく終了。
結果は、まったく異常なし!!
良かった〜(^^)と思う反面、一体なんだったの?と思う。
高い検査(単体で10万ぐらい)なんだから、もうちょっと正確にならないのかな?
医学の進歩を期待する!
とにかく、よかったよかった。

と、急に元気になった私は翌日から休暇だったので
バイクの遠出に挑戦することにした。
ちょうど、パパのハーレーを3輪バイク(トライク)に改造するため
4ヶ月間預けていたのが帰ってきたのでツーリング。
鳥取県の三朝温泉が目標!
9時半に出発。暑いぐらいのよい天気。
パパが先頭を走るのはいいけど、飛ばすのでおいていかれる。
3車線あったら進路変更するし・・・
休憩のとき思わず「あんたってサイテー!あんたは自分勝手!ツーリングは無理!」
と爆発。
途中、工事のため長い渋滞。
「こんな時に一本橋走行が役に立つんだな・・・」とぶつぶつ。
トロトロと超低速走行。
峠のクネクネ道では「S字走行が役に立つんだな」とぶつぶつ。
「私って運転うまいやん!」と海岸線では何故か松田聖子の
青い珊瑚礁を熱唱!

5時間かかって旅館に到着。
仲居さん達が「おつかれさまでした〜」と出迎えてくれると
二人そろって「ほんまに疲れました・・・」

温泉とお料理に満足して翌日どこも寄らずにまっすぐ帰宅。
帰りはちょっと慣れて、疲れることなくバイクを楽しめた。
パパは二輪バイクと違ってトライクは運転しにくいらしい。
「欲しい人がいたら手放す」らしいので、どなたかいかがですか?

私思ったんだけど・・・足が筋肉痛・・・
これって痩せるんでは?!(左足だけやけど・・・)

9月6日(木)晴れ
 
いつまでも暑い・・・ほんま暑い。
おかげでいつまでも生ビールが美味しい(^^)
例年なら涼しくて「おでん」にと、スジ肉が売れるのだけど
おかげでいつまでも「焼肉用」が売れる。
ありがたや・・・ありがたや・・・
 
え〜この度私は、愛車のドラックスターを手放して
スカイウェーブ400(スカブー)に致しました!
この歳になって両足両手を同時に動かすのは至難の技で、
ずっと車庫に眠ったままだった。
たまたまやって来た友達が余りのピカピカに惚れて高額で衝動買い。
走行距離1000k(そのうち私は・・・20k)。
パパに「ATで駄目だったらバイクは乗らん!頑張って乗るから!」と言い切り、スカブーを購入。
パパから「ATは頑張らなくても乗れる」と冷たいお言葉。
でも次男から「今度は長く乗るように。飛ばさないように」とメールが来た(^^)
 
これが乗れるんです!!メチャ楽しい!
思わず「足がヒマ〜」なんて恐れ多いことまで言っちゃって!
片道1時間半に挑戦したのはいいけど、メッシュの長袖を着ていくと
両腕がメッシュ柄に日焼けして大笑い。まるでヘビ女みたいやし!
UVケアを忘れてはいけません。
現在、会社で配達用に使われているから私は少々不満・・・
秘かにピンク色に塗装したスカブーを私専用に買ってやろうかと思ってます・・・
 
そんな楽しいこともあるのに昨日の人間ドックでひっかかり凹んでる。
確かに、肥満とかは言われると思ってたけどまさか・・・
PETっていうガンがないか全身を調べる検査もしてもらった。
この検査すごいわ・・・
最初パパの画像を見たんだけど、全身3Dのように見えて360度回転して体が透けて見える。
「お〜パパの腹ポッコリまでうつっとる〜ブサイク〜!」と笑いが止まらない。
さしあたっての問題はなく終了。
「問題は奥さんです」「え?」
それまで「きゃ〜私もお腹すごすぎ!ウエストがない!これほんまに私?」と笑ってたけど。
大腸のとこにハッキリクッキリ影が・・・
「大腸検査を受けてください」と言われ早々に月曜日に予約。
検査食や下剤をもらい京都市内から帰宅。
PET以外の検査結果は2週間後なのでドキドキ・・・
 
その後どうなったか、また報告します。
 
7月1日(日)曇りのち雨
 
7月。
「バーベキューの季節」

ただ今、ビリーズブートキャンプに入隊中。
2日目・・・全身筋肉痛。階段が辛い。
「ヘロヘロ」の一言である。
しかし、周りに「腹筋を見せてあげる」と約束したので
もうちょっと頑張ってみよう。
(期待されていないのが悔しい!)
 
小学2年生の甥っ子が遊びに来た。
まだ習っていないけど掛け算を母親と勉強してた。
「2の段いくで。・・・ニシチ14・・ニハチ16・・ニク18」というので、
「ゆうた君、ちょっと違うなあ。ニシチ14・・ニハチ16・・ニクはたにぼくじょうやで」
「あ!そうか!!2×9=タニボクジョウか!!」
「正解!」
マジかジョークか・・・甥っ子よ、これはジョークだ。
 
マジかジョークかと言えば・・・
先日お客様から
「奥さんって、藤原紀香に似てますね〜主人とも話してたんですよ〜」
「あ!雰囲気がですよ!」
(念押しして頂かなくてもわかってます・・)
と〜てもいい人だな(^^)サービス*サービス!
これは、絶対「マジ」「ほんまの事」だ。
 
先日パパにプレゼントしたものがある。
それは・・・
「パパ、目つぶっててね」
シュ〜と一吹き。
「あ〜社長の毛が増えてる!」
「あ〜社長に毛がある!」と大好評。
そうです!!おばけのQちゃんみたいなパパの毛にシュ〜すると、
黒々と見えるスプレーをプレゼント。
でも、喜んでくれたのに使わないので「なんで?」と聞くと
「使ったらなくなるから、これはイザっていう時に使う。もったいない。」
だって。
これは、けな気で切実な「大マジ」の話である。
 
店の中に七夕飾りをした。
ママの願い事に「−20k、体重が減りますように」と書いた。
それが何故か、お客様に大うけ。
必ず聞かれるのが「20k痩せたら何キロ台になるの?」って。
・・・ナイショです。
 
これは「マジ」・・いえ、「本気も本気」だ〜!!
5月28日(月)晴れ
 
今日はママの○○回目の誕生日。
ママはある年齢を境に毎年プレイバック。
「あ〜早く30代になりたいな」・・・・
 
パパからも子供からも知らん顔されて
ちょっと淋しい・・・
お花が届いたよ!・・・保険屋さんから。
ケーキも届いたよ!・・・違う保険屋さんから。
嬉しいな 嬉しいな  素直にありがとう〜
(入ってて良かった保険?!)
 
ただ今PM11時半。
夜中に一人でケーキ食べながら日記書いてる・・・(ヤバイ)
 
ママの近況報告(いらんかも知れないけど一応)
 
1)「ジョーバ」を買った。
 狭い部屋が一段と狭くなったものの期待に胸膨らませ、
 馬に乗った気分で「ヤッホー!イエ〜イ!」と毎晩15分乗っている。
 息子からは「ママうるさい」と苦情。
 
2)最近、韓国エステの石膏パックにはまってる。
 何年も顔エステってしたことなかったけど、やっぱりお手入れは大事!
 石膏をはずされて自分の顔の型を見てびっくり・・・
 「あれは何?!あごが、くっきり・はっきり二重あご!!」
 なんだか、証拠を突きつけられたみたいでショックだった。
 あ〜やっぱり、「鏡の世界」「夢」じゃなかったんだな・・・
 
3)彼女にふられて落ち込んでる息子に心痛めてます・・・
 
4)実は北海道へ行ってた長男が「跡を継ぐ!!」ということで
 今群馬県の食肉学校(パパも学んだ学校)で勉強中。
 お肉の知識はもちろんのこと、寮での集団生活の厳しさや楽しさを
 学んでいる。毎週末に届く、こんな勉強したという報告と先生からの息子の様子報告を
 今か今かと心待ちにしてる。
 
5)先日次男からきたメールに絵文字が!!嬉しさの余り涙がでた。
 3人も息子がいるのに、必要な言葉以外来たことがない・・・
 たいてい「わかった」「うん」「いらん」「お金送って」の単語である。
 
6)「これも同じ炭酸だろう!」・・・・
 ビールの替わりに飲もうと<ただの炭酸水>を1ケース買った。
 けど、出番はなく今は鉢植えの台座になっている。
 
 
4月5日(木)くもり
 
去年の秋にバイク免許を取って以来、
公道デビューが「まだ」だったママ。
 
息子達からもボロボロに言われながら
先日、やっとデビュー!!!
久しぶりのバイクを前に
「スイッチをプッシュ!あれ?エンジンかからへん・・・」
「あのう・・・キーを回してONにしないとかかりませんけど」とパパ。
「方向指示器の消し方どうするんやったっけ?」
ちなみに「車庫から出して・行く方向にちゃんと向けて・車庫に入れる。」のは、パパ。
 
パパが先に走って私が後からついて行く・・・はず?!
駐車場から道路を横断しなきゃいけないんだけど、
渡れな〜い!車が来る〜!怖い〜!
あまりにもモタモタしてるもんだから、お肉を買いに来てくれたお客様に
笑われた(TT)
まあ、なんとか出発できたけど、またもや問題が!!
数メートル先に初めての信号・・・青に変わったよ・・・
行くの?行かないの?どっち!!はっきりしてよ!!
止まりそうで止まらない〜
 
・・・あ〜あエンストです。またもやモタモタ。
後ろの車に悪いなあ。許してくれるかな(ヘルメットで年齢はわからへんし〜)
強引に出発したものの、セカンド発進だったわ。
 
後は問題なく快適な1時間ほどのツーリングを満喫。
花の匂いやトンネルのヒンヤリ感を直接感じれて良かった。
バイクにとってマンホールの蓋とか危険なのに、左のほうにあったり
真ん中にあったりするし、デコボコが多い。そんな事も改めて直接感じた。
 
ここで「落ち」「オチ」有り。
「良い天気の日は少しでも乗って練習しよう!」と張り切ってたママ。
・・・翌日からなんと!!ぎっくり腰になって寝込んでしまった〜
息子達から「ダサ」「運動不足」「年のせい」とか言われ情けないよ(TT)
一週間たったけど、まだ痛くて妙な歩き方。
先生に「慣れないバイクに乗ったせいですかね?」
「それはわかりませんけど・・・重度のぎっくり腰です」
 
すっかり撃沈されたママでした。
3月4日(日)晴れ
 
久しぶりの更新・・・
とうとう「どうかされたんですか?」「生きてますか?」
まで、ささやかれ出したので
さすがに「やばい!!」と慌てて更新したという
ただのサボリ。
 
ちょっと前・・・
遊びで手相を見てもらった。初めてでドキドキ。
まずパパから・・
「よく働くお父ちゃんやろ。口下手で一攫千金は無理な人。etc・・」
笑える程、よく当たってる。
次はママ。
「この二人は友達夫婦やな。とっても心優しい良いお母ちゃんやな。
このお母ちゃんは直感力と霊感が素晴らしいから占い師になったらええ。
文章力にも優れてるから歴史に残るような本を出したらいい。」
との事。
 
「占いの館 谷ママ」をOPENした時はよろしくね!
また、この「谷ママ日記」を本にしたろかな・・・と秘かに思案中。^^v
最後にその先生から
「ところであなた達は何を見てもらいたいの?全然悩みがあるように見えないんだけど」
と言われてしまった。(笑)
 
我が家のひな祭り


我が家の娘と言えばダックスのマリンとココア。
犬には犬のお雛様やろ〜と思い探した。
ネットで見つけました!
ちりめんやフェルトで手作りされた物です。
完璧な作品で超かわいい!
お店に飾っていますが、犬好きな人にはたまらないようです。
 
11月2日(木)晴れ

只今北海道から戻ってまいりました。
また、北海道?!
そう・・・大事な大事な息子ちゃんが
死にそうな声で「しんどい・・・」と電話してきたので
仕事もほっぽり出して行ってました。北海道滞在1日だけ・・・
いざ行って見ると元気やんか〜!!(よかったけど)
そりゃあそうだな・・・電話聞いてその日の夜中にフェリー乗って
着いたのは翌日の夜中。熱も下がるよなあ。
こういう時つくづく遠い所へやったもんだと思う。

最近、おしゃれなメガネにしメークも変えて若作りに頑張ってるママ。
タクシーのおじさんに「フェリー乗り場まで」と言うと
「一人旅ですか?いいですねえ、若い人わ」
「いえ、息子がこちらの大学にいるもんですから・・」
「え?!息子?大学?結婚してるの?」
「???大学生と高校生が3人いますよ〜」
「え〜〜〜!!!」・・・・急ブレーキをかけるおじさん。オイオイ
「びっくりした〜たまげた〜絶対そんな大きな子供がいるなんて思えないわ。
まだお嬢さんかと思ったわ」
るんるん・ルンルン(^^)(^^)なんていい人なの(^^)(^^)
気分良くしたママ・・「お釣りはいいですよ」・・・たった10円だけど。
ちょっとすごくない?!独身やで独身!

実は・・・実はですね・・・
密かにダイエットやってまして・・・とりあえず禁酒して1ヶ月。
バイク免許に自信ついたせいか今回は意志が固いママ。
ピーク時よりは
5kg減ったんですよ!!
でもダンナもだ〜れも気づいてくれない!!
ママのようにここまでおデブちゃんだと、相当痩せないと気づいてもらえないみたい。
悲しいな。
パパいわく。「今は筋肉が落ちてきただけで、ここでやめたら落ちた筋肉の変わりに
脂肪がつくだけだから、最悪のリバウンド・デブになるぞ」って。
もうちょっと頑張ってみようかな。
成功したら、ダイエット方法教えます。しっかり食べてるし苦しくないから楽勝。
9月30日(土)晴れ

北海道へ帰る長男を送りがてら私たちも行ってきた。
今回初めてバイクで行く事に・・・と言っても
残念ながらまだ公道デビューしていないママは、パパの後ろ・・です。

23日夜出発し、24日夜フェリー小樽着。
その日は長男の所で一泊。

25日朝、旭山動物園を目指し出発。
さ・・・さ・・・さむ〜い!!寒すぎ〜!!
革ジャン着てても寒い・・・北海道を甘くみていたな。
すごく良い天気だったけど風が冷たい。
可愛い動物をみたあとは「早く温泉入りたい」。
層雲峡のホテルでの料理と温泉に満足満足。

26日朝、長距離覚悟で出発。
天気がいいので美幌峠から屈斜路湖がきれいに見えた。
バイクから見る北海道の景色は素晴らしい!
それに直線道路・・・「私でもバイクで走れそう・・・」
養老牛温泉「だいいち」での料理と温泉と部屋にも大大満足。
夜のお料理も良いけれど、朝食のバイキングが豪華!!
朝からペッタン、ペッタンと臼と杵で餅をついてお土産に持たせてくれる。
まさしく「ダイエットは明日から」

27日朝、根室の方へ行く予定だったけど雲行きが怪しいので目的地のサロマ湖の旅館を目指した。
今回は観光よりもホテルや旅館が目的だったので最後の旅館に期待。
「船長の家」・・・7650円という格安旅館。更に10%割引券を提示したので7000円しなかった。
内湯のみの温泉風呂に、布団は自分で敷く・・・ビールは大瓶340円で現金引換え・・・
一体どんなとこ?!
340円持って食堂へ行くと、活きたタラバ蟹が山盛りにしてある。
テーブルの上にはところ狭しと料理がババ〜ンと並べてある。
すごい量だよ・・・とりあえずビールで乾杯。
ガスコンロの上には普通の鍋がおいてある。何??
そこへオバサンが無造作にあのタラバ蟹を入れる。暴れる蟹・・・
二人で一匹。やった〜!
その間、テーブルの上の刺身やらシマエビや料理を必死で食べる。
ビールどころじゃない。
すると、茹でたての毛蟹を一匹ずつ配られた。すっご〜い!
「向こうでまだ何か焼いてるよ・・・」ホッキ貝のバター焼き。
更に蟹汁・・・20品以上あったんじゃないかな。
食べきれず蟹飯やデザートを残しタラバ蟹はお持ち帰り。
・・・・・オッパイより胃の方が前に出ていたのにはショックだったな・・・・
朝食は期待せずに食堂へ。
ウッソ〜!!朝から刺身?ウニ?鍋?まるで晩御飯やん・・・
ここの旅館、利益あるの?と大きなお世話。
朝から入るもんですねえ・・・しっかり食べた。
とにかく値段が値段なのにすごい料理でビックリした。美味しかったし!!
道東まで食べに行く価値ありだな。

さて・・・ここからが問題。
28日朝、小樽へ向けて帰らないといけないのに
なんと!!!台風なみの風と雨!
夜から降りだした雨はひどくて雨と風の警報が出ていた。
瞬間風速27メートルって言ってるし、雨も横向きに降ってる。
傘もさせない状態。バイクだから超危険。
パパが「万が一の時、二人よりも一人だからお前は電車で帰れ。小樽で会おう!!」
朝9時、心配で心配で苦しかったけど、手を振ってパパを旅館から送り出した。
私は旅館前のバス停から10時半のバスで1時間かかり網走駅へ。
2時間ボーと待って特急列車で5時間乗って札幌へ。
すごい人に面食らいつつ駅員さんに、とってつけたような京都弁で乗り換え電車をたずねる。
・・・旅先でやんわりと京都弁でしゃべると皆親切だよん・・・

「パパ〜!!」と無事再会できたのは夜7時だった。ほんまにホッとした。
そしてフェリーに乗って無事29日家へ到着した。
1200kのバイクでの旅だった。
9月16日(土)雨

本日卒業検定。
不思議と緊張はなく冷静に注意事項や説明を聞く。
雨降りは初めてなのでどんな具合なのか不安で一杯。
雨降りの練習のつもりで走ろうと自然に思った。

一人目は20代後半?!の女性。彼女も延長を重ねて8月から頑張ってきたらしい。
「頑張ってね!」
走行を見ると合図確認も出来てるしクランクなど課題もできてる。合格・・・いいなあ。
いよいよ私の番。・・・降ってた雨が急に止んだ。
バイクに「何回もこけて一緒に頑張ってきたね。卒検ふんばって行こうね」と語りかけた。
出発・・・あれ??今まで先生に教えてもらった言葉がスラスラと脳裏に浮かぶ。
体も軽いし冷静に状況判断が出来る。なんでだろう?!
スラロームも1本橋もクランクも・・・課題もクリア。
終点に帰った時、高い所から拡声器で「谷さん、もう一回急制動してみてください」
ドキドキしながら再挑戦。
直線→カーブ→直進→急停止となるところがカーブ過ぎたところで、急停止するあたりで
他の教習生がモタモタしているのを発見。
あわてて停止して居なくなるのを待った。
でもこの短い直線でサードまで入れて40kスピード出すの?無理!もうだめ!
やけくそで思いっきりアクセルを回した。怖かったよ。

検定が終わり検定塔の階段を上がって行った。
「谷さんどうでした?1回目の急制動では40k出てなかったからやり直ししてもらいました。」
涙が出てきて「先生うまく出来ませんでした・・・」
「急制動怖い?」「いいえ!一番好きです。だからくやしいです。」
「そうか・・・でも出来てたよ。他のも安定して出来てたし確認もしっかりしてたし。
今までよく頑張ったなあ!!これからも気をつけて運転してね。」
「え?」「合格やで!」「ほんまにいいんですか?」「もちろん!!」
嬉しくて嬉しくて震えて泣きましたよ。検定教官は初めての先生だったけど
他の先生も「良かった良かった!!」って喜んでくれた。
また雨が降り出した・・・

終わった。精一杯頑張った。
今までの気が張ってたのがシュ〜と抜けた感じ。
パパにも子供にも友達達にも「合格」のお知らせ。
応援してくれてありがとう!!
教習時間22時間。費用133.350円。
谷ママの熱〜い夏が終わりました。
今後は愛車のドラッグスターをボチボチと練習して行きます。

勇気を出して挑戦してほんまに良かった。
息子達!!お母さんもやれば出来るんだぞ!!なめんなよ〜

9月15日(金)曇り

1時間延長してコースの練習した。
台風の影響で明日からは雨だそう。困ったな。
とりあえず見きわめ合格。
明日の卒業検定頑張ろう!

9月14日(木)

「本日みきわめだから、OKだったら明日卒業検定です」と言われ緊張しまくった。
おかげで発進の時、エンストして転倒するし・・・Uターンでバイクこかすし・・・
停車したらスタンドが甘くてバイクこかすし・・・
「う〜ん・・・7割は出来てるんだけどねえ。どうです?もう1時間延長したら。」
「はい・・・お願いします」

帰宅してからもイメージトレーニング。
合図・・確認・・セカンド・・スラローム左合図・・・
気がつけば両手が勝手に動いてしまう。
食事中も!
半分ノイローゼだわ。負けるものか・・・

9月13日(水)雨

本日はシュミレーションで危険回避の勉強。
思わず「飛び出して来るなや〜!!ボケ〜」とつい自動車運転してるつもりで・・・
あせった。たぶん先生も「???」
「谷さん3人ぐらいひき殺しましたね。早くから予測しましょう」
2時間目は学科で映画鑑賞。二人乗りの勉強。
卒業検定はいつなんだろうと思いつつ本日終了。

長男が雨の中、急制動でロックをかけてしまい思いっきり転倒したらしい。
レインコート着てたけど下の洋服までドロドロでグローブはズタズタにやぶれてた。
思いっきり腰を打ったらしくかなり痛そう・・・・
怖いよ・・・なんか怖いなあ・・・
明日も朝から教習だけど雨らしく不安です。


9月12日(火)晴れ

コースを走る練習。
20k、30k、35kでノーブレーキでカーブを走るとどう感じるか体験走行。
20kや30kは気持ち良く走れたけど、35kになると「あ〜突っ込む!!」って
感じで
すごく怖かった。
次に危険回避の練習。
「30kスピードで突っ込んで来て僕が揚げた旗と反対に回避してね」
「先生はどこにいるんですか?」
「真ん中に立ってるから」
「え〜先生、ひき殺してしまいます〜」
「大丈夫信じてるから」
・・・・おお〜ワクワクして楽しかったぞ。上手に出来たから先生は無事で良かった。
当たり前か・・・

何回かコース回って先生が「僕が試験官ならOKだけどね・・頑張ってね!」

9月11日(月)晴れ


本日よりコースを走る。
ヒマさえあれば1コースと2コースをブツブツ・・・覚える。
夕べの晩御飯も何食べたか思い出すのに一呼吸いるのに・・・

1時間目。
「1コースの半分行ってみましょう」
図面上では覚えたつもりでも実際走ってみるとわからなくなるなあ。
クランク・・・まっすぐ突進。「あれ?」もう一回。・・・転倒。
「先生!!出来なくなっちゃった〜」涙。
「え〜!!気分変えてスラロームしよか」

・・・終盤には出来たけど、検定は一発勝負だからなあ。

2時間目。
残りの半分を走って、安全確認など細かいとこを教わる。

9月10日(日)雨

今日は教習はお休み。
この一週間頭の中は教習の事で一杯で何も手がつかなかったので、
仕事や掃除洗濯を頑張った一日。
最初、何日も見た夢はバイクに乗ってて転倒する夢だった。
「こける!!」と飛び起きた事もあるし「こける〜」と寝言もあったらしい。
けど夕べ見た夢は気持ちよくスイスイとバイクで走ってた。

ダンナが「卒業も見えてきたしバイク注文した」
・・・・・「はあ?!誰のん?」「お前のん・・・14日に来るから」
えええええええ!!!!
まだまだ免許とれないから〜それに公道怖い〜
ドラックスタークラシック400。
眺めているだけでも嬉しい。楽しみです。
何が何でも途中で止める事が出来なくなりましたよ。
子供達も手が離れ、これから先もキャンプやバイクやら楽しみが一杯。
また、子供達と一緒にいくつになっても一緒に遊びたいから
どんどん挑戦して付いていくぞ!

9月9日(土)晴れ

本日より大型教習の始まった長男と一緒に登校。
受付のお姉さんに5250円を差し出すとだまって延長券をくれた。
出来れば延長はこれで終わりにしたい。
原簿を見るとあれれ?!昨日で急制動と坂道発進が終わった事になってて
本日は「みきわめ」らしい。

1時間目。初めての先生だった。毎回違う先生だな・・・
「最初に坂道発進してみましょう」ちょっとドキドキだったけど自動車を思い出しながら
やると後退することなくスムーズに発進。
「次は急制動ね。飛び出して来た事を思ってブレーキかけて。早くからブレーキに手
をかけないでね。」
と教えてもらいながら40kスピードから急停止。
自動車だと40kなんて「遅い」けどバイクはすごいスピード感。
それに前輪がロックして飛んだらどうしようって頭によぎる。
まあこれもなんとかクリア。
「じゃあ一本橋とスラローム、S路、クランク行ってみよう」
・・・・一応こけることなくなんとか出来た。
「右足を着く時は後方確認しないと後ろからきた自動車に右足踏まれるで。」とか
「本当はここまでしなくていいんだけどねえ・・・教習所だから仕方ない」とか
ユーモアまじえて指導してもらって随分肩の力も抜けてきて楽になった。
「谷さん、初めて見せてもらったけど上手にできてるやん!!びっくりしたわ〜
見きわめは良好にしとくからね。レベルアップして次回からゼッケンは赤色ね」
嬉しい〜!!やった〜

2時間目。2段階のシュミレーション。
初日に教えてもらった先生で「レベルアップしたね〜」と喜んでくれた。
動かないバイクで市街地を走ってるつもり練習。
これがなかなか難しい。
?信号にブレーキ間に合わず赤信号で突っ込みトラックに激突。
「・・・谷さん、死にましたね」・・・・ポツリと先生。
?「谷さん、ここはバス優先道路ですよ。後ろから来たバス知ってた?」
「・・・いいえ。気づきませんでした。バス来たら退けないとダメなんですか?」と私。
これぐらいなら上等。ダンナなんて「免許返してもらわないとダメですね」って言われたらしい。

頑張ってコースを覚えなきゃ・・・24年前自動車免許取りに行った時を思い出すな。

9月8日(金)晴

本日も夕方から教習。
受付のお姉さんにさらに小さい声で「延長券2枚ください・・・」
10,500円だ〜!毎日痛いぞ・・・最初に107,100円・・・昨日が5250円だから只今の
合計122,850円也。
1時間目と2時間目とも「今日はクランク行ってみよう」
ローで半クラッチとリアブレーキを使って・・・上手にできるやん!私低速得意かも・・・
先生に色々説明されると、あれ?あれ?出来ない・・・
さっきまで出来てた事が出来なくなっちゃったよ。頭であれこれと考えちゃう。
2回も転倒。「バイクさんごめんね・・」と付いた泥を拭いてあげて倒したパイロン
を元の位置に立てる。
お〜転倒にも余裕が出てきたぞ。
方向指示器を出しながら左右確認。
スラロームに一本橋。これの繰り返し・・・なんだかおもしろいなあ。

教習が終わりバイクを降りると息切れが・・・走ったわけでもないのに何で?
運動不足をしみじみ。
「じゃあ明日も延長券1枚だけ買っておいて。明日1時間でうまく行けば2時間目から2段階ね」
やっほ〜!!!!!明るい未来が私を待っているぜ!!!
車の教習生の女の子から「頑張ってください!」って励ましてもらった。嬉しいな

帰りの車で信号待ちをしていると「ガシャン!」と音がした。
音の方を見ると4歳位の小さい子がお母さんと自転車乗りの練習をしていた。
またまた思いっきり転倒。それでも自分で自転車を起こしてまたがる。
あんな小さい子でも泣きながら頑張っているんだ・・と思うと涙が出た。
私も頑張ろう・・・自分を信じて頑張ろう!

さて今からヒジと腰と足に湿布貼ろうっと。まさしくムチ打ってます(TT)


9月7日(木)雨


朝から大雨。近辺では警報が出るほどの大雨。
本日の教習は4時40分から2時間。
「なんで私みたいなのが大雨の中で夜間に練習なん?」
とブーブー文句三昧。
スポーツショップへ行ってヒザとヒジのサポートを買って
こけても痛くない・・・つもり。準備万端!
「雨降ったらぶっ飛ばす・・・」と誰に言うわけでもなく心の中で念じる。
1時間目。念が通じたのか雨がピタリと止んだ。びっくり。
初めての先生・・・いきなりメガホン持って「はい。スラローム行ってみましょう!」
ちょっとびびるよ・・・
突然「座り方、そういう風に習った?握り方も違う!!」と叱られる。
厳しい先生にテンション下がるけど必死でついていった。
一本橋も一杯一杯言われた。
けどうまく出来た時は優しい笑顔でほめてくれるから嬉しかったな。
スラローム。体重移動とアクセルが難しいしバイクをうまく倒せないよ。あ〜あ

2時間目までの休み時間。
先生が「谷さん、すまんけど次からは延長になるから5250円で券買ってくれる?」
お〜やっぱり!延長かあ・・・覚悟してたから仕方ない。
受付のお姉さんに小さい声で「延長券ください」・・・。
2時間目もスラローム。アクセルを握りすぎちゃってバババ〜と5列並んだパイロンに
突っ込み全部倒した時は
笑ってしまった。これもまたおもしろいな・・・先生ごめん。
やっと・・・やっとバイクって面白いかもって思えてきた。

 

9月6日(水)雨

教習もないし仕事も休みだったので大きなバイクショップへ行った。
今まで何も知らなかった私は「乗るんだったらハーレー。」なんて恐れ多い事を言っ
てたけど
現実は遠い…とお〜い話。
「先生、大型まで行きたいんですけど・・・」なんて口が裂けても言えないよ。
「やり遂げる事に意味があるんだし、バイクは乗らないからいらない」とパパに言
う。

・・・言いながら目はバイクを見てる。・・・あ〜やっぱりアメリカンはかっこいい
なあ・・
あ!あ!あ〜!これだ!
ヤマハのドラックスタークラシック400。
両足もしっかり着くし、そんなに重いと感じないよ。いいなあ・・・いいなあ・・
「先に買ったら?そしたら何がなんでも免許とらなあかんし」
「・・・まだ早い!卒業が見えてきたら考える」
まだ挫折の可能性大だからね。

長男は本日卒業検定合格。おめでとう〜
続けて大型教習を受けるらしい。いいなあ

9月5日(火)雨曇り

朝目が覚めても全然立ち直れていないママに
追い討ちをかけるように雨降り・・・
「雨は危険だし休む」「行かへん」と言ってるのに
「行くで!!」と長男。・・・鬼!

教習所までの1時間ちょっとの道のりの間中、
「教習バイクだって何回も転倒されて迷惑やんなあ・・
もっと上手な人にかっこよく乗ってもらいたいだろうに・・・」とか
「戦争中の人の恐怖に比べたらバイクでポテっとこけるぐらいヘのカッパやん」とか
「お産の痛さに比べたらど〜ってことない」
と、訳わからない前向きな考えで暗示をかけるママ。

1時間目、シュミレーターっていうんだっけ?
ゲーセンみたいな走ってるつもりバイク。急制動の練習だった。
「止まれ〜」の旗振りのおじさんに突っ込んで行ったり
「バイクが転倒しました」って言われたり・・・でもおもしろいぞ・・痛くないし。
それに先生にかみくだいて丁寧に説明してもらったり、動かないバイクでチェンジの
仕方とかが
良くわかったから嬉しい。

2時間目。雨も止んだし、暗示のせいか恐怖心は不思議とない。
バイクにまたがってナデナデしながら「今日も何回こけるかわからないけどごめん
ね。よろしくね。」と初めて話しかけた。

「じゃあ谷さん、まず道路巾一杯使って運動場のトラックのようにグルグルまわって
みて」
・・いきなりスラロームは無理だと判断した先生は小刻みに教えてくれるんだな・・
あれ?なんか今日は腕や手に力が入らず、軽い感じ。
「次は二つのコーンを置くから八の字かいてみて。行く方向見てたらバイクが勝手に
曲がってくれるからね」
・・・・ほんまや・・・なんだか白バイの人みたい。気持ちいいやん・・・GOOD!
「その調子で次はS路で八の字かいてみて」
・・・・昨日転倒したとこだよ・・・細くてせまいとこ・・・あれ?落ち着いて出来
るヤン!おもろいやん。
「じゃあ一本橋いこか」
・・・・天敵!打倒一本橋!お前に負けるか!
「橋の上でもSを書く感じで調整しながら渡ってみな。よし!谷さん俺に向かって、
さあ来い!!」
って両手を広げて待っててくれる先生。
・・・・はい!飛び込みま〜す!あれ?いけるヤン!!昨日は1時間特訓しても2本ほ
どしか渡れなかったのに・・・
4本中3本渡れるようになった!!
一本渡れるたびに拍手してくれる先生。気がつけば横で大型バスの教習していた先生
もバスの中から拍手してくれて・・
本日初めて、バイクの上で笑顔になれた。

あっというまに時間がきた。バイクに「こけずに上手に出来たよ。ありがとう」とお
礼。
明日の教習時間を確認。
「お母さんは・・・休みかな?○○先生〜お母さんは明日休みですよね?」
「うん。お母さんは明日は休んでリフレッシュしてね」
・・・・お母さんってね・・・まだ若いんですけど・・・なんだかお母さんで通って
るみたいだな。
まあいいか。

9月4日(月)晴れ

今日は同じ4時間終了の20代の女の子と一緒。
「さあ、一本橋から行ってみよう」
女の子はなんなく通過。
私は・・・出来ない!!何回やってもダメ。
「谷さん何回も何回も練習しててね。彼女は次スラロームやろう」
あ〜若さとは残酷です・・わかっているけどこの悔しさは何年ぶりかに味わう味だ。

ますます力が入る。「勢い良く乗って・・・遠くを見てよ〜」
左にこけた・・・今度は右にこけた・・・ヒザを打って痛い。
涙がこみ上げてきたよ。
隣で大型教習をしていた先生が見かねて指導してくださる。
そのうち渡れるようになった。嬉しかったな。
先生も思わず拍手!!7秒まで我慢できるようになった。参ったな・・・

2時間目「オートマティックに乗りますよ」
お・・お・・重い!!支えられないよ〜
でも走り出したら安定して外周は気持ちよく
「ラッタタ〜ラッタタ〜ビックスクーターにしようかな〜」なんて余裕で走行。
「じゃあこっちに来て〜S路やってみよう」
何?これ・・・こんな狭い道を行くの?と思ったのもつかの間。

「あれ〜!」ガシャン!!本日3度目の転倒です。
先生が「大丈夫?起こそうね。大丈夫大丈夫」
「あっ?!」「アッ?!」
・・・「大丈夫大丈夫!」といいながらサッっと何やらポケットに入れた先生。
「左のブレーキ握れるかな?」
「はい・・あれ?」・・・・・・・そう・・・ブレーキレバー半分が折れて短くなっ
てるんです。
あれは折れたレバー。先生、気を使ってくれてありがとう。

今日はかなり・・かなり落ち込みました。
帰ってからビール飲みながら3時間泣いたよ。
「もうやめる!乗らなくてもいい!怖い!」って。
両足はアザだらけだし、擦り傷してるし、ジンジン痛いし。

店を閉めてから長男・次男・ダンナが練習しよう!と開始。
100ccバイクでクルクル円をかく練習。フラフラする。
「自転車からしたほうがいいんじゃない?」と息子。
自転車・・・あれ?乗れへんやん・・・フラフラする。
それまで「大丈夫!年齢を考えたら3倍はかかるつもりで、何日かかってもいくらか
かってもかまへんから頑張れ」
と励ましてくれてたダンナが「・・・・ほんまにやめるか?その方がいいかも」と
言った。
これを書いてる今も涙・・・

教習生の女の子達が「すごいですね〜!20代の私たちでさえ今しかないって思って来
てるのに・・・頑張ってくださいね。一緒に卒業してツーリング行きましょうね」
って励ましてくれる。ありがとう
挫折が近いかも・・です。

9月3日(日)晴れ

教習2日目。全身が痛い!!特に左腕・太もも・・・動かない。
今日の1時間目は直進を40k出して走ったり、ブレーキをかけて
右折や左折の練習。左がどうしても大回りしてしまい
「自爆しに行ってるよ〜」と言われる。わかっているんですが・・・
・・・目の前に教習中の長男と先生が!
「どいて〜!避けて〜!」と思わず叫んでしまった。

2時間目。先生が交代。
「さあ、谷さん余分なお金をかけないように頑張りましょう!」
前ブレーキだけの停止。後ろブレーだけの停止。
両方使った停止。なんとかクリア。
「一本橋行ってみましょう」・・・・出たよ・・・一本橋。
3回挑戦して3回とも前輪だけで脱輪。
まあなんとか一日終わった・・・精神的に悪いのは確かである。

9月2日(土)晴れ 午前

本日より教習開始。長男はすでに中型10時間を終了しているので根堀葉堀通学の車の
中で聞く。
受付で手続きを済ませ「谷君のお母さんですかあ〜」と先生と対面。
「ご迷惑をおかけすると思いますけどよろしくお願いします。」と緊張。
周りは若い子達ばかり・・・私は生意気にもハーレーのマイ・ヘルメットとマイ・手
袋。ちょっと目立つな・・・
田舎なのでマンツーマンで教えてもらえるから嬉しいな。
・・・原付も乗ったことないし自転車も23年間乗ったことないって言っといた方がい
いかな・・・と心の中でつぶやく。

「まず起こしてみましょう」とバイクを左側へ倒された。「おりゃ〜!!なんじゃ〜
!重すぎ〜!」なんとか起きた。
次に右側へ倒された。「血管切れそう〜勘弁してよ〜」なんとか起きた。
「先生、手伝ってくれました?」「いいえ。力いれてませんよ」・・・こういう事聞
くのがオバサンと思いつつも嬉しかったな。

「次は部位の名前です。これがアクセルでこれがクラッチetc・・・」知識だけは満
点ママ。予習完璧だもんね。
「次はスタンドを立てた状態で発進の練習です」・・・ローに入れて半クラッチでア
クセル・・・ブツブツ言いながら必死。

「じゃあ次は実際に発進してみましょう。左足で支えて右足はステップの上の基本か
ら・・・ではローに入れて半クラッチで・・
ローに入れて〜ローに入れて〜」
「先生!出来ません!!」   「え?何故??」
「だって左足を地面から離したら倒れてしまいます!!」
「????足を交代して右足で支えたらいいんですよ〜」・・・「あっ!そうか・・
・ほんならそう言ってよ」
エンスト5回位したなあ。「クラッチをポンと離すのが早いんですよ〜動いて2秒ぐら
い離すもんか!と意識して」
と言われてからエンストなし。
自転車みたいに足をついて止まろうとして後ろブレーキがおろそかになってグラグラ
したり、前ブレーキのレバーを握りそうになったり・・・チェンジするつもりがステッ
プを一生懸命踏んでたり・・・
気がつけば後ろブレーキを踏んで走っていたり・・・
とりあえず外周をクルクル回った。

先に終わって見ていた長男が「お母さんの後ろに教習車がかなり停滞してたで。ま
あ、障害物のようにして抜かしてたけど」
そんなん知らんわ!!必死だし何にも気づかないわ!
2時間教習が終わって・・・手と足がブルブル震えて止まらない。顔が半泣き。逆八
の字眉毛。まっすぐ歩けない。
テンション下がりっぱなし・・・見かねた先生が「谷さん良く踏ん張りましたね〜!
倒れなかったですね!」とほめてくれた。

家に帰ってから中型免許持ってる子達に聞くと「初日から楽しいばっかり!」と言
う。
私は・・・楽しいなんて全然・・・一杯一杯って感じ。必死。
ダンナが「当たり前や!若さが違う!その分大変や。でもよく決心したな〜」と慰め
てくれた。
とりあえず、明日も頑張って行ってみよう。だんだん全身が痛くなってきたな。
それに・・・37度の熱が出たぞ。前途多難である。

9月1日(金)晴れ

何を血迷ったのか・・・このたび私は42歳にして一大決心をした。
ず〜と「どうしよう・・どうしよう・・」と悩んでいたけど
気がつけば主人が申し込んでいたので、もう悩む余地はなかった・・・
と言うのが正しい。

そう・・・中型バイクの免許に挑戦するのだ。
春にダンナと次男が大型バイクを取得した。
「危ないからダメ!!」と頭ごなしに反対したけど
息子達から「男のロマン」とか何とか言われるし、
この夏休みに長男までもが中型・大型取得に通学しだした。

よって・・・ママは考えた。

?むやみに反対するのではなく、その男のロマンとやらを理解する為にもたずさわっ
てみよう!

?年齢的にも不安はあるけど、自分がどこまでやれるか挑戦してみたい!

?これ以上、食って飲んでの中年太りのオバサンになりたくない。ハーレーをかっこ
よく乗ってみたい!

途中で挫折するかもわからなけど、とりあえず頑張ってみます。
免許取得までを記録日記に残しておこうと思う。

5月23日(火)雨
本日ママは全身筋肉痛。
・・・あまりにも呆れて日記には書いてなかったけど
実は、パパの欲しい欲しい病が再発してバイクを購入。
(パパのこづかいから最長ローンにて購入・・・念のため)
昨日は休日だったので「うどん食べに行こう!」とパパ。
慣らし運転もしていたようなので、そろそろ乗ってやるか・・と覚悟したママ。
乗ったが最後!「どこ行くの??」の質問に「四国〜」
ハア〜!!デビューがし・こ・くウウウ〜!!
いつもの100ccのバイクの40kスピードでも怖いのに
いきなり高速!!
アホ〜!90k出すな!ひエ〜!怖い〜!ノドカラカラ・・・
明石海峡大橋と淡路島の高速と鳴門大橋は最悪だった・・
もう死んだと思うぐらい。文字で書けないぐらい。
横風がひどく強風で40k制限かかっていたし、二輪転倒注意って文字が・・
人間あまりの恐怖に言葉は出なくなるもんです。
マイクを通してパパが「大丈夫、大丈夫。ジェットコースターとどっちが怖い?」
って励ましてくれるんだけど
ジェットコースターは1,2分の「きゃー」で終わりやん・・・それを通り越すと無言になる。
止まってくれたとこで
「パパ・・・帰りもあの橋渡るんなら、離婚する。私一人でフェリーで帰る。」宣言。
讃岐うどんだけ食べて高松からフェリーで岡山へ。そこからまっすぐ家に帰宅。
ほんまにうどんだけ食べに行きましたよ。日帰りで!
早朝3時から仕事してたのに、なんでそんなに元気なの?おかしいんちゃう?!
(ちなみに今度、5時間かけて名古屋から昼食ランチに福知山来て、
5時間かけて日帰りで帰る友達もいますが・・・そう!!貴女です!!)
バイク乗って学んだ事・・・涙でグチュグチュになり化粧が落ちてパンダ顔になる、
ヘルメットで眉毛が落ちて眉なし顔にびっくり・・よって化粧品一式必要である。
乗り降りにお腹がつかえて苦しい・・よって自分の為にも引っ込めておいた方が楽である。
話変わって・・・我が家に家族が増えました!
Mダックスの「ここあ」ちゃんです。
ヤンチャ盛りですが・・・パパのヤンチャよりず〜とず〜とマシで可愛い!
お姉ちゃんの「まりん」は少々戸惑い気味。よろしくね!!

次のページ
 
メール