home
谷牧場 お客様の声 卸の相談
焼肉 ステーキ すき焼き しゃぶしゃぶ その他の牛肉 豚肉 鶏肉
 
社長の経歴 谷ママに相談して決める 会社概要  
 
   

情熱のすべてをかけた「奥丹波みたけ牛」

「奥丹波みたけ牛」は谷牧場が生み出した完全オリジナル銘柄の肉牛です。徹底的にこだわった餌の安全性、その配合、牛の成長に合わせてきめ細かく変えられる飼育方法などを長年の牧場経営の中で試行錯誤を繰り返しました。そしてついに2001年、「奥丹波みたけ牛」が生まれました。私達の自信作をぜひ味わってください。

安全でありつづけること、心に決めたお約束。

牧場経営をして以来、美味しいものを作る、それプラス、とことん安全なものを作ること、この二つは徹底して行いました。自分の子供たちに食べさせたいものでなければお客様には出せません。
BSE、いわゆる狂牛病が問題になった頃、私達は何のためらいもなく、毎日私達の作った美味しい牛肉を食べ、子供達にも食べさせていました。(うちのことをよく知っている常連様も、躊躇なく牛肉を買いに来られておられました。)それはBSEとは何かについてはもちろん、牛について、食肉の流通について、BSEの原因等、それらを全て把握して、私達の育てた「みたけ牛」の安全性に確信を持っていたからです。その当時も、もちろん現在も「みたけ牛」が安全であると断言できますし、また証明することもできます。それが肥育牧場からお店までの一貫した生産システムだから可能なのです。

アレルギーのお子さんが、初めて食べられたお肉

私達のつくったお肉は、幼稚園や病院などでもよくご利用いただいています。今ほとんどのお子さんに見られるアレルギーの問題もよく耳にします。今までは肉を食べると発疹などのアレルギー症状がでていたお子さんが、私達のつくったお肉を食べても、アレルギー症状がでなかったと伺いました。とても安心したと同時に、そのお子さんがお肉を食べられるようになって良かったなぁ、と嬉しく思いました。アレルギーなどで好きな食べ物を我慢せざるを得ないお子さんが今とても多いですから。全ての人に問題がないかどうか分かりませんが、そういったお悩みをお持ちの方々に、ぜひ一度お試し頂く価値はあると思います。安心していただける食品づくりをこれからも行っていきたいと思います。

「奥丹波みたけ牛」の安全宣言。


「奥丹波みたけ牛」は谷牧場が生み出した完全オリジナル銘柄の肉牛です。徹底的にこだわった餌の安全性、その配合、牛の成長に合わせてきめ細かく変えられる飼育方法などを長年の牧場経営の中で試行錯誤を繰り返しました。そしてついに2001年、「奥丹波みたけ牛」が生まれました。私達の自信作をぜひ味わってください。

安全でありつづけること、心に決めたお約束。

牛肉で一番不安なことといえば、やはりBSEいわゆる狂牛病問題です。原因は、伝達因子に汚染された肉骨粉を含む飼料の流通を通じて広がったと考えられています。谷牧場の場合、一般の流通から肉を仕入れるのではなく、私たちの牧場で、優れた環境と安全な飼料で大切に肥育した牛を使用しています。

私たちが責任を持って飼料を作っています。

飼料は、安全を守る一番の根本であり、その絶妙な配合が美味しい「みたけ牛」を生み出す非常に重要なものと考えています。その安全性にご納得いただけるよう、ここに証明書を開示しておきます。 つまり、自家牧場からお店でお客様にお出しするまで、一貫して谷牧場で管理しており、何を食べて育ち、血統や年齢も全てを把握し、全てお答えすることができます。 汚染物質の介入する余地がまったく無く、確信を持って「奥丹波みたけ牛」は安全です、と言い切ることができます。
肉牛出荷肥育農業証明はこちら
 
谷ママ日記
 
メール